【中古住宅の気になる設備】キッチンリノベーションをする前に!知っておくべき失敗例と注意点

リノベーション 2024年6月21日

中古住宅や中古マンションだと水まわりの設備の経年劣化が進んでいるケースが多く、キッチンや浴室など水まわりの衛生面が気になるという方は多いかもしれません。また、比較的古い建物によく見られる閉鎖的なキッチンを、明るく開放的なキッチンにリノベーションしたいと望まれる方も少なくありません。

そこで今回は、ぜひ知っておいてほしいキッチンリノベーションの失敗例と注意点についてご紹介していきます。キッチンリノベーションを考えている方はこちらの記事を参考にして、理想のキッチンを手に入れてくださいね。

キッチンリノベーション5つの失敗例

まずは、キッチンリノベーションで実際にあった5つの失敗例をみていきましょう。なぜ失敗したのか、どのようなことが不満だったのかなど過去の事例を知り、同じような失敗をしないようにしましょう。

また、失敗例を事前に知っておくことで、自分の考え方を見つめ直す機会も得られます。以下でご紹介する内容は、よくありがちな失敗例です。満足のいくキッチンリノベーションをするために、ぜひ参考にしてみてください!

低予算のリノベーションで中途半端なキッチンに

キッチンに限らず多くのリノベーションにおいては、ある程度の費用が必要になります。そのため、多くの方はできるだけ予算を抑えてリノベーションをしたいと考えていることでしょう。確かに、キッチンリノベーションは低予算で行うことはできますが、無理をして予算内に収めようとした結果、中途半端な仕上がりになってしまったというケースがあります。

キッチン本体や床・壁などのデザインが合わないと、どこか物足りないキッチンになってしまいます。そのため、まずは予算内でどのようなリノベーションができるのかを業者に確認してみてください。そこで内容に納得できないときは再度予算を見直しましょう。

場所を移動したら暗いキッチンに

キッチンリノベーションの際、キッチンの場所を移動させたいと考える場合もあるでしょう。しかし実際には、場所を変更させたことでキッチンが前より暗くなってしまったというケースがあります。

元々キッチンの場所が窓際にあった場合、移動させたことで日当たりが悪くなり、その結果薄暗く感じてしまうようです。そのため、キッチンの場所の移動を考えている方は、移動後キッチンの状態はどうなるかをしっかり想定しておくことが大切です。

キッチンの高さと自分の身長のバランスが悪い

使用する方の身長に合わせてキッチンを選びましょう。しっかり確認せずに選んでしまうと、自分の身長とキッチンの高さが合わず、かえって使いづらいキッチンになってしまうことがあります。実際、デザイン重視で選んでしまい、キッチンの高さと身長のバランスが悪くて失敗したというケースがあります。

リノベーションを成功させるためにも、キッチン選びはとても重要なポイントになります。気に入ったキッチンを見つけたら、決定する前に自分の身長に合っているかをきちんと確認しましょう。

調理スペースが狭くて不便

大人数の家庭では洗う食器の量が多くなってしまうため、多くの方が大き目のシンクにリノベーションしたいと考えるのではないでしょうか。しかし、大きなシンクと引き換えに調理スペースが狭くなってしまったという失敗例があります。

キッチン自体の大きさに合ったリノベーションをしないと、他の部分のスペースが削られてしまい、メリットのみならずデメリットも生じます。部分的な改善は良いですが、全体のバランスと機能性をしっかり考えることが失敗を防ぐポイントです。

ゴミ箱を置く場所がなくなった

リノベーションをすることで理想のキッチンを手に入れたはずが、ゴミ箱を置く場所がなくなってしまったケースもあります。これはリノベーションを全て業者に任せている方によくある例で、施工前に提示される図面をしっかり確認しておらず、完成後にようやく必要なスペースがないことに気づくようです。

そのため、リノベーション自体は業者に託すしかありませんが、確認が必要な点や気になる点は必ず確認しておくことが大切です。

キッチンリノベーションで失敗を防ぐには?

ここまで5つの失敗例をご紹介しましたが、どの事例も部分的に失敗したものでした。次はキッチンリノベーションで失敗を防ぐため、全体的に注意すべきポイントについてをご紹介していきます。

注意するべきポイントを把握しておけば、納得のいくリノベーションを実現させることができるはずです。それでは、キッチンリノベーションに失敗しないためのポイントについて確認していきましょう!

要所を押さえて優先順位を決定する

まず以下の項目からリノベーションを行う優先順位を決めていきましょう。

  • リノベーション費用・・・低コストで依頼したい、または予算内に収めたい
  • 間取り・・・動線のよさ、必要となるアイテムの設置スペースの確保
  • 収納スペース・・・キッチン用品や保存食、ストック品などの保管場所を設置
  • 使いやすさ・・・キッチンの広さやサイズ
  • 機能性・・・食器洗浄機やIHコンロなどの設置

以上の項目は、一般的にキッチンリノベーションに求められるもので、どれを優先するかによってリノベーションが成功するかどうかが決まるといわれています。優先順位は人それぞれ変わってくるでしょう。まずは理想のキッチンのイメージを明確にして、優先順位を決めていきましょう。

優先順位を決めずに気になる箇所だけを考えていると、上記でご紹介してきたような失敗をしてしまう可能性が高くなるので、入念に決めていきましょう。

特定の部分だけを見ていると失敗するので注意

理想的なキッチンリノベーションを行うためには、特定の部分だけでなく、全体の調和も考慮して進めましょう。例えば予算を抑えることに重点を置くと、仕上がりが物足りなくなってしまいますし、デザインに重点を置きすぎると高額な費用がかかることがあります。

部分的にリノベーションをする場合では問題ありませんが、キッチン全体をリノベーションする場合は、リノベーションの内容全体を慎重に検討していくことが大切です。

リノベーション成功にはキッチン選びも大切な要素!

キッチンリノベーションを成功させるためには、適切なキッチンを選択できるかも大切なポイントです。キッチンには一般的に4つのタイプがあり、それぞれが異なる機能性を持っています。そのため、適切な選択をしないとリノベーションがうまくいかないことがあります。

ここでは、キッチンを選ぶ際に重要となるキッチンの種類についてご紹介していきます。リノベーション成功のためには、自分のニーズに合ったキッチンを選ぶことが大切です。理想のキッチンを実現するために、ぜひ参考にしてみてください。

広く使用される「I型キッチン」

一般的によく使用されているのがI型キッチンです。他のキッチンに比べて、比較的手頃な価格でリノベーションすることができます。300cm以上のワイドなものまでそろっており、広いキッチンでも使用できます。しかし、このタイプは横長の形状なので、冷蔵庫を設置する場所をきちんと考えておくことが必要です。

実用的な「L型キッチン」

I型キッチンと同様によく使用されるキッチン形状のひとつが、L型キッチンです。2人で使っても十分なほど作業スペースが広く、とても使い勝手が良く実用的なキッチンといえます。しかし、I型に比べると広めのスペースが必要になるので、キッチンの広さや食器棚を置くスペースを考慮しておきましょう。

家族とのコミュニケーションが取りやすい「対面キッチン」

対面キッチンはリビング・ダイニング側を向きながら作業ができ、家族とのコミュニケーションが取りやすいことから人気が高まっています。ただし、他のキッチンに比べると作業スペースが手狭に感じる場合もあり注意が必要です。

近年関心が集まっている「アイランドキッチン」

アイランドキッチンは四方全てから調理や配膳を行えて開放感があり、近年関心が高まってきています。しかし、他のリノベーションに比べて費用が高くなる傾向があります。

キッチンリノベーションを成功させるためには!

キッチンリノベーションを成功させるためには、リノベーション内容の優先順位をしっかり考え、目的に合ったキッチンを選ぶことが大切です。一つの側面に偏りすぎるとリノベーション失敗の原因となってしまうので、何を目的としたキッチンリノベーションにするのかを明確にしておきましょう。

また、キッチン選びは機能性だけではなく、種類によっては十分な設置スペースが必要です。設置ができたとしても、作業や移動が大変になってしまうとせっかくのキッチンリノベーションの意味がありません。適切な設置ができるかどうか、必ず業者に確認をしてもらってから依頼するようにしましょう。

コラムの一覧に戻る

吉祥寺・武蔵野・三鷹で
住まいが欲しいという方は・・・

365リノベでは、中古住宅物件探しからリノベーションの提案、インテリアの相談まで承っております。
住まいのことでお悩みの方は、吉祥寺リノベスタジオにお気軽にご来店ください。
ご相談・お見積りは無料です。

吉祥寺・武蔵野・三鷹の中古住宅リノベーションなら365リノベ